オーダースーツ 銀座英國屋 > ブログトップ > 【失敗しない】就活スーツのコーディネート|男性編

【失敗しない】就活スーツのコーディネート|男性編

就活生から「スーツで悩みます…」と、よく伺います。このお悩みは、仕方のないことだと感じています。
というのも、不適切な情報も混在し、また、売り手としてのPR情報も含まれているためです。

この記事では、就活生向けに「何を基準に、リクルートスーツを選ぶか?」を分かりやすく解説したいと思います。
実はこの基準は、就活時だけではなく、社会人として一生使える基準ですので、参考にしてください。

基準は「どなたからの信頼が必要か?」

まず結論から申し上げると、ビジネスウェアの基準は「どなたからの信頼が必要か?」です。これはスーツスタイルに限りません。理由は第一印象が「良さそう(信頼できそう)」であってこそ、人は内面(考え、能力、個性、アイデア)にも、目を向けてくれますし、また第一印象が良くなければ、どれだけ良いアイデアがあったとしても、人は耳を傾けてはくれません。だからこそ、ビジネスウェアの一つであるスーツの基準も「どなたからの信頼が必要か?」が大事です。

しかし、一般的なスーツショップに就活スーツを探しに行くと、「流行」「新製品」「新機能」「オシャレ」「モテる」といった要素ですすめられるケースもあるかと思います。その時には、一度立ち止まって「その要素は、面接に必要だろうか?」と、考えてみることをおすすめします。例えば「オシャレ」という要素は、面接に必要でしょうか?私は、優先度が高いとは言えないと考えています。

就活生が、「どなたからの信頼が必要か?」といえば、「志望する企業の採用面接官」だと思います。ですので、「志望する企業の採用面接官から、信頼を得られるスーツ・コーディネート」を考えれば、少なくとも失敗することはないでしょう。

気を付けなければならないのは、採用面接官は「大学生のコーディネートに目が慣れている」という点です。採用面接官は、ご自身よりもっと年上の方でしょうから、「30~50代の社会人から見て、信頼を得られる装い」と考えることをおすすめします。場合によっては、ご自身の好みではなく、ご両親の好みの方が、適切な場合も多いと思います。

具体的な「信頼を得られるスーツのコーディネート」例

以下では、「信頼を得られるスーツのコーディネート」例を、挙げてまいります。

スーツ

リクルートスーツは既製スーツやパターンオーダースーツを選ぶ

既製スーツをおすすめする理由は「試着して、比較ができるため」です。

就活生にとっては、スーツに見慣れても・着慣れてもいないと思います。このため、試着ができないと「このスーツで、はたして採用面接官からの信頼を得られるか?」の判断は、難しいのではないでしょうか?
ですので、「試着して比較可能な既製スーツ」を、まず検討されるのがおすすめです。お店・ブランドも変え、試着し、写真も撮り、比較してみましょう。

ただし、手が長いなどで「どうしても既製スーツでは合わない…」という場合には、オーダースーツの中でも調整できる箇所が少ないパターンオーダースーツがおすすめです。

就活中は、かなりハードに着用するはずです。高いスーツを選ぶ必要はありません。値段というよりも、とにかく試着・撮影・比較して回り、「このスーツならば、良さそう」と思えるスーツを購入されることをおすすめします。

「30~50代の社会人から見て、信頼を得られる装い」という視点で選ぶのがポイントです。

リクルートスーツは濃紺がおすすめ

現在の就活スーツの7割が黒(ブラックスーツ)と言われています。
しかし、社会に出た場合、ブラックスーツを着る機会は冠婚葬祭に限られています。

日本のビジネスシーンにおいては、圧倒的に着用されているのが、濃紺とチャコールグレー。その中でも、清々しさ・清潔感・フレッシュさを惹き立ててくれる色である「濃紺」は、就活にもピッタリ。

また、濃紺スーツの購入時にワイシャツやネクタイなどの服飾品のコーディネートを揃えておくと、社会人になった後の買い直しも妨げます。

リクルートスーツの柄を、目立たせない

目立たない柄が、おすすめです。
具体的には、無地or目立たない織柄を選びましょう。

なお、織柄は、シャドー柄とも呼ばれ、織り方で柄の変化を見せる生地を指します。

リクルートスーツの細かい仕様について

基本的に「ふつうの仕様」がベスト。

もし、パターンオーダーなどで、ベント(ジャケットの裾にあるスリット(切れ込み)の仕様が選べるのであれば、ウェストとヒップの差寸が大きい人は後ろのセンターベントが開きやすくなるので、サイドベンツがおすすめです。
それは、センターベントは座ったときにベント自体が折れやすく、シワになってしまうためです。
ただし、あくまでも「選べるのであれば…」程度のことですので、センターベントでも、問題ありません。

所作

これはスーツ・コーディネートの話題ではありませんが、「座っている時は前ボタンを外し、立ち上がる時にサッと留める」を、自然にできるととてもスマートに見えます。ぜひ、練習してみてください。

ワイシャツ

色は、白がおすすめです。理由はなるべく顔色が明るく見えた方が良いためです。白無地・白織柄のワイシャツがおすすめします。

襟の形は、レギュラーよりもセミワイド or ワイドがおすすめです。よくワイシャツの襟が上着の衿を飛び越えている人を見受けますが、ワイシャツの襟の長さが比較的長いセミワイド・ワイドを選択することで妨げます。

なお、ノンアイロンシャツ(形状記憶・形態記憶など)だとしても、襟だけは、アイロンを掛けるのがおすすめです。首元は面接官の視線に入るため、ヨレやシワがあっては「信頼を得られる装い」にはなりません。

ネクタイ

ネクタイの色は、青系 or 赤系

全体的に、色数は抑えたほうが、清潔感を感じられ、好印象です。
スーツの色を濃紺にした場合、最もオススメは、同系色である青系です。なお、色の薄い水色系、白ワイシャツとのコントラストがなく、全体にぼやけて映るため、青がおすすめです。

次点として挙げるのであれば、赤系ネクタイがおすすめです。色彩心理学によると、青系・赤系では受けるイメージが違うと言われているので、エントリーシートでPRした内容に合わせて、セレクトするのも一案です。

・青系:色が薄いと、若さ・清潔感をイメージ。濃くなると、冷静さ・知的さを連想させる。
・赤系:情熱や活動的なイメージ。濃くなると、リーダーシップのある印象

幅は、スーツのラペル幅と合わせる

スーツのラペル(襟)幅とネクタイは流行とともに密に連動されているので、大剣幅を合わせるのが基本。
感覚値 ±0.5㎝ の範囲で収めるのがおすすめです。

結び目は、セミウィンザー・ノットがおすすめ

結び目は、小さすぎたり・大きすぎたりしなければ、OK です。
最近は、ワイシャツの襟について、セミワイド or ワイドが主流になっていることもあり、セミウィンザー・ノットがおすすめ。逆三角形と左右対称なので、綺麗です。
ただし、ネクタイの生地の厚みによってい、他の締め方を選んだ方が良い場合もあるため、試してみて下さい。

ディンプル(ネクタイのくぼみ・えくぼ)を作りましょう。大剣を下に引っ張る時に、人差し指を差し込むと、ディンプルを作りやすいです。

大切なのは、しっかりと締めること。アパレル業界用語に「3首」という「首・手首・足首が目立つ」ということを指す専門用語があります。ネクタイの結び目は、その中の「首」にあたり、しっかりとワイシャツの首元まで締め切っていないとだらしなく、目立ちます。
もちろん、ワイシャツは台襟にある第一ボタンまで締めます。

ネクタイは締めた時に、大剣がベルトの上端・下端の間に来るように

ネクタイは締めた時に、大剣がベルトの上端・下端の間に来るように調節します。もし、大剣の長さを合わせた結果、小剣が余ってしまったならば、折って、ネクタイバーで留めるのがスマート。
なお、タイバーは、装飾品であり、外には見せないほうが、就活上は安全です。ネクタイの裏の隙間と、ワイシャツの前立て部分を、タイバーで挟むのがおすすめ。

靴下

靴下はロングホーズがおすすめ

靴下は、ヒザ下までの長さのある「ロングホーズ」がおすすめです。面接時には座るため、ロングホーズよりも短い靴下の場合、スネが見えてしまいます。スネが見えてしまうのは、とても印象を悪くします。また、足も短く見えます。

色は濃紺

色は、スーツに合わせて濃紺のロングホーズがおすすめです。スーツの色と、同じ色(or それよりも濃い色)は、スーツの裾と靴下の境をボヤかすため、足長効果があります。

購入時には、同じ商品をまとめて購入する

買う時には、同じ商品を何足もまとめて買うのもお勧めです。
理由は、片方が、破れたり、薄くなったりしても、残りの靴下と一緒にして使えるので、経済的だからです。

おすすめ商品

ここだけ銀座英國屋で扱う商品を紹介します。
実は、ロングホーズは、あまり売られていません。このため、もし、見つからない場合には、税込 1650 円で取り扱っています。

ベルト

革の色は黒・金具は銀

基本的に「ベルトは、目立たないもの」を選びましょう。ベルトが目立つと、腰の位置が目立つことになり、足が短く見えてしまいます。そして、スーツ・コーディネート全体で、色数は少なくして、清潔感を保ちます。

このため、革の色は靴に合わせて黒、金具は銀をおすすめします。

なるべく装飾の無いものを選ぶ

ステッチもないベルトがおすすめです。

就活生向けのベルト一案

スーツに着慣れていない、就活生向けの商品としては、UNIQLO のイタリアンサドルレザーベルトが一案です。

https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E430392-000/00?colorDisplayCode=09

革靴

色は、ベルトに合わせて黒

ベルトと同じく、「靴は目立たないもの」を選びましょう。靴が目立つと、ズボンの裾と、靴の境界線が目立つことになり、足が短く見えてしまいます。そして、スーツ・コーディネート全体で、色数は少なくして、清潔感を保ちます。

このため、革靴の色は、ベルトに合わせて黒を選びます。

形は、ストレートチップ・内羽根

最も装飾性の薄いのが、ストレートチップ・内羽根という形です。

就活生向けには、着地の衝撃をやわらげる足に優しいタイプの靴も一案

就活では移動で歩く機会もあるので、革靴を履きなれていない方には、「運動靴の靴底のテクノロジーを使った革靴」お勧め。
最初の一足としては、革底はおすすめできません。固く感じ、疲れてしまうためです。ただでさえ慣れない就活で疲れるのに、更に疲れてしまうのは避けた方が良いでしょう。
若干高くはなってしまいますが、例えば madras のマドラスウォークや ASICS Walking のランウォークは、検討しても良いかと思います。リンクを設置しておきますが、フィッティングが必要なため、各店舗に直接ご相談いただくことをおすすめします。

Madras のマドラスウォーク

https://www.shoe-style.jp/shop/c/c10/?brand=madrasWalk

ASICS Walking のランウォーク

https://walking.asics.com/jp/ja-jp/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA-3e-g-tx/p/1231A054-001.html?width=3E

シューキーパーを、購入しましょう

靴を脱いだあとは型崩れ防止のため、シューキーパー(スーツリー)の使用を強くおすすめします。
シューキーパーを使わないと、つま先が反り返ってしまったり、また伸びきった革が元に戻らなくなってしまいます。

安い木製も販売されています。ただし、簡易型スプリング式(装着時に、逆Vの字で伸ばすタイプ)は、かかと部分を小さな面積で強く押すことになり、痛めてしまうので、避けましょう。

腕時計

携帯があるから、腕時計はいらない、とつい考えがちですが、携帯でも時間を確認することはできますが、腕時計をすることでビジネスマンとしてのスマートさを演出する小道具になります。文字盤やバンドがゴールド系は避け、またダイバーウォッチなど極端に厚みのあるものもスーツには不適合です。
文字盤やバンドはシルバー系で若々しく、シンプルなものを身に着けるのが基本です。

また、腕時計バンドが革の場合は、革やベルトに合わせて、黒バンドで全体的な統一感を持たせるのがコツです。ベルトと靴を黒にして、ちょっとアクセントに茶系のバンドという考えは、、、おすすめできません。

かばん

装飾がなく、色は黒で、金具は銀

ベルト・靴と同じく、まだ目立たないカバンを選びましょう。

自立するカバンがおすすめです。理由は、面接時にはカバンを足元に置くケースが多く、その時には自立した方が、若干スマートに見えるためです。

インナー

ワイシャツのインナーは、肌透け・汗染み防止としておすすめ

ワイシャツのインナーは、肌透け・汗染み防止として着用しましょう。

色は、ベージュ色。自身の肌色に近いベージュでないと、薄汚く見えるので要注意してください。例えば、白・黒は、透けます。

外に見せないことを前提とした導入商品としての一案

UNIQLO エアリズムマイクロメッシュVネックT(シームレhttps://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E423525-000/00?colorCode=COL32&rrec=true

スラックスのインナーは、必須ではありません

スラックスのインナーは、必須ではありませんが、汗でベタつくことが無くなり、スラックス自体も長持ちするようになるので、触れておきます。

外に見せないことを前提とした導入商品としての一案

UNIQLO エアリズムマイクロメッシュVネックT(シームレス・半袖)
https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E423525-000/00?colorCode=COL32&rrec=true

オンライン就活においても、基本的に同じ

いままでご説明してきた内容は、オンライン就活においても同じです。

ただネクタイについて、太いストライプ・大きな柄は避けた方が無難です。オンライン就活の場合、上半身を映すため、ネクタイがうるさく見えてしまう場合があるためです。

また、これはスーツ・コーディネートの話ではありませんが、顔の明るさを考えた場合、ライティングがとても重要です。ベストなのは、顔の高さにリングライト、目の高さにカメラ、その下に画面という構成です。

替えを揃えるときには…

今までご説明してきた、濃紺スーツ・白ワイシャツ・青系ネクタイ or 赤系ネクタイ・黒靴という基本を外さず、「違うスーツショップ」で、購入し着用してみることも大切です。製品・店員・ブランドなどを比較してその違いを知るのも、「信頼を得られる装い」を身に着けるための大事な勉強です。せっかくお金を払うことですので、ぜひ、違うスーツショップでお買い物してみて下さい。

そして、「信頼を得られる装い」の基本となるこのコーディネートを着こなせるようになれば、後は、派生系として対応すれば良いだけになります。

他に迷うことがあったら…

何かしら迷われることがあれば「どなたから、信頼を得たいのか?」を基準に考えてみて下さい。それで、失敗はしない回答が得られると思います。

最後に…

銀座英國屋では採用を実施中

英國屋の社長(39歳)と語れる90分インターンシップ(毎回定員5名)を開催中です。

インターンシップのテーマは【「人間的な成長」を実感しながら「働き続ける」ための考え方とは?】

銀座英國屋の社長は、平均勤続年数20年を維持しながら、倒産寸前の老舗企業を優良企業に再生し、一橋大学 MBA ・明治大学MBA ゲスト講師として招聘されています。

「成長」に興味ある方は、是非、採用サイトをご覧ください。

https://eikokuya-recruit.jp/