オーダースーツ 銀座英國屋 > ブログトップ > フルオーダースーツに対する誤解を解く|【基本ガイド】

フルオーダースーツに対する誤解を解く|【基本ガイド】

フルオーダースーツというと、気軽に買いに行けないものだというイメージがありませんか?

実のところ、フルオーダースーツは誤解を受けているという面が多々あります。フルオーダースーツの魅力をより多くの方に知っていただくためにも、今回は基本的な誤解を解いてみたいと思います。

高くて買えないんじゃないの?

銀座英國屋では、フルオーダースーツを19万円(税別)からお仕立てできます。確かに量販店さんの既製スーツと比べると高いかも知れませんが、意外にも現実的なお値段ということで、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

実はフルオーダースーツのお値段は、「生地(服地)」で大きく変わります。

例えば、銀座英國屋の銀座本店には、世界中から取り寄せたオーダースーツ服地-約300種類・オーダージャケット服地-約100種類もの実物の生地が展示されています。それらの中には一着お仕立てするのに100万円を超えるような高級な生地もありますが、19万円(税別)でお仕立ていただける服地も約200種類(服地サンプル帳含む)と豊富にご用意しております。どの価格帯の生地も、品質はすべて折り紙付きです。

値段を釣り上げられる??

そうは言っても、

「オプションが付き、結局は高額な値段になるのではないか?」

という不安をお持ちかも知れません。しかし、少なくとも銀座英國屋ではそのようなことはありません。過去3年間のご注文における、2ピーススーツ(ジャケット+スラックス)のご注文で、長尺使用(身体が大きく、使用する服地が通常よりも必要な場合)以外で、オプション料金(特殊な仕様など)を頂戴したケースは、0.49%でした。

銀座英國屋では、お客様とスタイリスト(販売員)の信頼関係を何よりも大切にしています。お客様の最適なスーツ作りをお手伝いすることが我々の使命ですので、お客様ご自身で、ご予算に合わせた商品選びをしていただけます。我々はあくまで、お客様のスーツ作りのサポートをさせていただく役割。無理にお勧めすることは決してありません。

また、いわゆる「ハイブランド」のスーツに比べても、フルオーダースーツだからと言って高額だというわけではないのです。

スーツに詳しくないと買えないんじゃないの?

「ビスポーク」という言葉があります。既製品ではなく注文品、いわゆる「オーダーメイド」の服や靴などに使われます。この言葉の語源は、お客様とお話をしながらテーラーが服を仕立てることから由来しています。

つまりフルオーダースーツを仕立てる時には、必ずテーラーから話を聞かれることになります。こう聞くと、スーツに詳しくない・スーツ作りに慣れていないと、躊躇される方もいらっしゃいます。この辺りから、買う側にもスーツの詳しい知識が求められるのではないか、という不安が生まれたのでしょう。

しかしこれも誤解です。スーツに詳しくないと買えない、ということは全くありません。

スーツを着用する目的を共有

銀座英國屋では、まずスタイリストがお客様にお話をお伺いします。スーツのお好みだけでなくスーツをお召しになるシチュエーションや、お仕事についても可能な範囲でお伺いしています。

銀座英國屋のスーツを着ることで、お客様がビジネスシーンでより輝けることを目的としているため、お客様がスーツを着る目的を共有させていただくことが何より大切だと考えているためです。

このようなコミュニケーションを通し、銀座英國屋が軸としている「信頼を得られる装い」をお届けしています。

スーツに詳しくない方が大半

当店にはスーツについて詳しくないという方も多く来店されます。むしろ、そのような方の方が圧倒的に多いです。

スーツに詳しくないことは、全く問題ではありません。大事なのはスーツの知識ではなく、「お召しになる目的」です。
例えば「どんなシチュエーションで着用されるのか」です。少し、難しい問いにはなってしまいますが、「どなたからの信頼を得たいのか」といったことも明確になっていると、より的確なご提案ができます。

古臭いイメージのスーツになるんじゃないの?

「古臭いスーツ」という時、おそらくサイズの合っていないダボダボのスーツをイメージするのではないでしょうか。確かに少し前までは、日本のビジネスマンはオーバーサイズのスーツを着ていることが多かったように思います。

失礼ながら「スーツに着られている」ような方も頻繁に見られました。また個性のない画一的なスーツスタイルは、外国の方から「ユニフォームのようだ」と、奇異な目で見られることもありました。他人との協調を重視する国民性が、日本のビジネスマンの脱個性的なスーツスタイルを作ってしまったのかも知れません。

ジャストフィットするスーツ

しかし最近では状況が大きく変わってきました。特に若い方やエグゼクティブは、洗練された自分に合うスーツを着ている方が増えています。ビジネスで成功するためにはスーツの着こなしが重要だ、という認識が広まったことが大きな原因だと思います。

フルオーダースーツは、自分の体型を細かく採寸しジャストフィットするスーツを仕立てることができます。「古臭い」かそうではないかは、シルエットの印象も大きいですが、自分に合ったシルエットを作ることができるのがフルオーダースーツのメリットなのです。

生地を自由に選べる

またフルオーダースーツでは、生地を自由に選ぶことができます。

つまりあえて古風な印象の生地を選ばない限り、フルオーダースーツだから古臭いということはないのです。むしろは、フルオーダースーツを仕立てることで、あなたの思う最もカッコいいスーツに仕上げることもできるのです。

トレンドを取り入れたスーツスタイルも

古臭いか新しいか、というのはトレンドにもよります。銀座英國屋では、長い歴史と伝統を持つカッチリとした印象のブリティッシュスタイルと、軽やかでソフトな印象のイタリアンスタイルを基調に、各スタイルをチョイスしながら仕立てていきます。

現在では、どちらかと言うとイタリアンスタイルが人気なのですが、お好みであればよりトレンドを取り入れたスタイリッシュなスーツに仕上げることもできます。フルオーダースーツだから古臭いということはありませんので、ご心配なく。

自分には必要ないんじゃないか?

もしビジネスなどの重要なシーンでスーツを着る機会がなければ、フルオーダースーツを仕立てる必要はあまりないかもしれません。場合によっては、量販店の既製品や、パターンオーダー・イージーオーダーで十分なケースもあるでしょう。

しかし大事なプレゼンや会議、会合などに出席する場合は、フルオーダースーツをお召しになることをオススメします。ご自分の体型にフィットしたフルオーダースーツでこそ、初対面で好印象をお届けでき、仕事を任せるに足る自信も表現できるからです。

最高のパフォーマンスを発揮するために

また、現在、流行のスーツを着ればいいというものではなく、TPOをわきまえたその場にふさわしい服装というものがあります。着用シーンに合わせたスーツをオーダーすることで、ビジネスで最高のパフォーマンスを発揮できるのです。

またご自分の地位が上がるに連れ、お付き合いする方も変わっていきます。『人は見た目が9割』とも言われますが、責任のある地位にふさわしい人物かどうか、見た目から気をつけることが求められます。フルオーダースーツは信頼を獲得するための最高のツールなのです。

興味はあるが、店舗に入りづらい…

これまでテーラーで服を仕立てた経験がなく、初めてフルオーダースーツを作るという方は、店舗に入る前に緊張されるかもしれません。そのような方には、必ずしも購入するおつもりがなくても構いませんので、一度店舗をご覧になっていただきたいと思います。

無料オーダー体験

例えば、現在「無料オーダー体験」というサービスも実施しています。フルオーダースーツに興味はあっても、なかなか一歩が踏み出せないという方には、この無料体験をご利用されてみてはいかがでしょうか?

ご不明・ご不安な点を解消いただけるかと思います。

イメージと違うスーツができるのが心配

仮縫いで必ずチェック

テーラーは、お客様にお話しを伺いながらスーツを仕立てることが仕事です。

銀座英國屋では必ずお客様に、どのようなシチュエーションでスーツを着用するのか、スーツ作りの目的をしっかりお伺いし、最適なスーツをご案内しています。イメージと違うスーツにならないよう、仮縫いの段階で必ずお客様に着用の上確認していただき、もしイメージと違っていれば修正していきます。

せっかくお仕立ていただくからには、どなた様にも「銀座英國屋でスーツを作ってよかった」とおっしゃっていただけるよう、イメージされている仕上がりや拘りなどは、遠慮なくスタイリストにお伝えください。

着ていく服が分からない

よくいただくご質問としまして、「お店に行くのに、何を着ていったらいいのか分からない」というものがあります。銀座英國屋へは、採寸時のためにエリの付いたシャツをお召しになってご来店ください。また、可能であればお気に入りのスーツをお持ちいただけると、参考になり、よりお好みにあったスーツをご提案できます。

何のためにフルオーダースーツを買うの?

さきほども申しましたとおり、ビジネスで相手から信頼を獲得することが、フルオーダースーツを着る大きな目的だと我々は考えています。もしビジネスで重要な会議や会合を控えている場合は、フルオーダースーツをお召しになることをお勧めします。

ビジネスでの成功への近道

既製品のスーツに比べてフルオーダースーツなら、身体にフィットしてシルエットも美しくなります。着心地も圧倒的に良いものが仕上がるはずです。しかしそれ以上に、信頼感を与えることができ、ビジネスでの成功につながるというメリットがあります。

フルオーダースーツこそ信頼を獲得する最大の武器

弊社は「信頼を得られる装いを提供する」という考えの下、1940年の創業以来、高品質な生地と縫製技術で、お客様からのご要望にお応えしてきました。

最近では老舗のテーラーも廃業する店舗が増え、若い方の中にはフルオーダースーツを作った経験のない方も増えてきました。しかし、一般的に考えられているほど、フルオーダースーツは高額ではなく、古臭い仕上がりでもありません。また、ビジネスで信頼を得るには最高のツールとも言えるのがフルオーダースーツであることは間違いないことだと思います。 この記事を読まれて、フルオーダースーツの誤解が少しでも払拭されれば幸いです。