オーダースーツ 銀座英國屋コラムロロ・ピアーナの百年に迫る歴史を映すラグジュアリー感こそオーダースーツの醍醐味

ロロ・ピアーナの百年に迫る歴史を映すラグジュアリー感こそオーダースーツの醍醐味

オーダースーツ銀座英國屋のメンズ無料オーダー体験(メンズのオーダースーツの無料相談+フィッティング体験)

オーダースーツ銀座英國屋|ふるさと納税

意外と他人に見られているのが、ビジネスシーンでの各人のファッションです。ビジネスパーソンの身を飾るのに欠かせないスーツは、用いる生地のグレードや風合いで 着る人の雰囲気 」を変化させる、とても重要なアイテムといえるでしょう 。

とりわけエグゼクティブ の男性 は、ビジネスで着用するスーツの品質に、細心の注意を 払いたいものです。そんな方々に今回紹介するブランドは、ラグジュアリーの代名詞ともいえる「ロロ・ピアーナ/Loro Piana」。

ファッションに興味がある方なら、一度は聞いたことがあるブランドネームかもしれません。 現在、日本を含む世界の国々で最も人気のある、高級オーダースーツ生地のブランドのひとつです。

ロロ・ピアーナは、魅力的な大人の男性にこそふさわしい、ラグジュアリーを体現したオーダースーツ生地です。

この記事では、この人気実力ともに世界トップクラスのオーダースーツ生地ブランド「ロロ・ピアーナ」についてご紹介します。

ロロ・ピアーナ/Loro Pianaとは?

オーダースーツ・フルオーダースーツ・ロロ・ピアーナ

ロロ・ピアーナは世界中の多くの男性を魅了する、超一流のオーダースーツ生地ブランドであり、あらゆる衣料用素材や衣料品全般を提案するトータルブランドです。

オーダースーツ生地や、アパレル用ファブリックを扱うブランドとしてだけではありません。オリジナルスーツやジャケット、アクセサリー、カジュアルなど様々なアイテムを開発するファッションブランドとして、世界中のセレブから絶大な支持を得ています。

地球レベルで希少価値の高い、ビキューナ製品を扱うブランドとしても有名です。極めて希少な繊維のため、そもそもそれを扱うブランド自体が限られています。その中でも世界トップクラスのシェアを誇り、他のブランドと一線を画すブランドです。

その地位を確立させた栄光の歴史を知ることで、そのオーダースーツ生地の魅力を理解できるのではないでしょうか。詳しく見ていきましょう。

ロロ・ピアーナの歴史

栄光の歴史は遡ることおよそ100年の1924年、イタリアのピエモンテ州ヴェルチェッリ県にある、人口がわずか4,000人ほどのコムーネ(基礎自治体)であるクアローナの地で始まりました。

創設者の名前は Pietro Loro Piana で、最高級のカシミヤ と最高級のウールを扱う生地メーカーとして「Loro Piana」を立ち上げたのです。

100年近い歴史を持つこのブランドは、長年培ってきた知識と技術を活かし、高品質な製品を生み出し続けています。

毎年オーストラリアで取れるウール原料の中で、スーパー100’s(繊維の直径が18.5ミクロン:1ミクロン=1/1,000ミリ)クラスを超える極細繊維のトップレンジ原毛群の中から、このブランドだけで実に3割から4割を買い付けるといわれています。

実際にキートンやイザイア、ブリオーニ、ベルベストなどの、世界に名だたるクラシコイタリアブランド等にも定番的に供給され続けています。

このブランドの伝統的なファミリービジネスは、代々ロロ・ピアーナ家に受け継がれてきました。しかし大きな転換期を迎えたのは2013年です。フランスの高級ブランドLVMH モエ ヘネシー・ルイ・ヴィトングループに参加しました。

伝統によって営々と培われた上質な生地づくりへのこだわりとパッションは、世界トップのファッションビジネスの旗手になおも受け継がれ、さらなる品質向上をにらみつつ、進化している途上にあります。

ロロ・ピアーナのオーダースーツ生地とは

オーダースーツ・フルオーダースーツ・ロロ・ピアーナ

こだわりを情熱で染めて織り上げるような、このブランドの生地の特徴と評判について、詳しく見ていきましょう。

オーダースーツ生地の特徴

このトップラグジュアリーブランドのオーダースーツ生地が持つ特徴は、まず糸の原料となる繊維の精錬から、紡績・織布の商品化まで、徹底した一貫生産を自社工場で手がけていることです。

そのような一貫生産のビジネスモデルは、どのブランドでもできるものではありません。限られたブランドのみが行うことができるものであり、同社の「最高の製品のみを保証する」という揺るぎない企業理念が形となって現れたものといえるでしょう。

次に、オーダースーツ生地製品の特徴として特筆すべきは、その素晴らしい風合いです。他のブランドとは一線を画すしなやかでやわらかく、なめらかな肌触りは、ファッションに不慣れな方でも、触れるだけで高級感を感じ取ることができるでしょう。

また、その生地で仕立て上げたスーツの魅力は、嫌味なく大人の艶やかさを感じさせる雰囲気が醸し出されていることです。大人のスーツスタイルに、格調高くエレガントな印象を与えます。

オーダースーツ生地の評判

世界中で非常に人気が高いブランドではありますが、日本での評判はどうでしょうか?

直営店はもちろんのこと、高品質な商品を提供するさまざまなブランドから、ロロ・ピアーナの生地を使った製品が販売されています。日本での存在感の大きさを認識できるでしょう。

主に30代以上のエグゼクティブな男性に高く評価されています。ブランドアイデンティティともいえるなめらかな肌触りと煌めく光沢感は、目の肥えた大人の男性を完全に魅了する秀逸なレベルです。

そして単に見た目だけでなく、クオリティやグレード感にこだわる人からも高い評価を得ているブランドといえるでしょう。

ロロ・ピアーナのおすすめオーダースーツ生地銘柄

このブランドには、オーダースーツ生地だけを取り上げても、数多くの銘柄が存在します。その中から、私たち銀座英國屋でも取り扱っているおすすめの銘柄「フォーシーズンズ」と「ジランダー」を紹介しましょう。

フォーシーズンズ/FOUR SEASONS

オーダースーツ・フルオーダースーツ・ロロ・ピアーナ・フォーシーズンズ

ニュージーランド産のスーパーファインメリノウールである、スーパー130’s(繊維の直径17.0ミクロン)という極細繊維素材を使って織り上げた生地です。

肌触りと光沢はシルクやカシミヤと見紛うほど素晴らしく、優れた伸縮性によって、シワの回復力に優れているのも特徴といえるでしょう。

ちなみにフォーシーズンズという銘柄の呼称は四季を意味しますが、それはあくまで日本ほど四季の変化がないイタリアの気候の話です。実際には日本の真夏に着用するのは向いていないので、スリーシーズンと考えましょう。

ジランダー/ZELANDER

オーダースーツ・フルオーダースーツ・ロロ・ピアーナ・ジランダー

こちらもニュージーランド産のスーパーファインメリノウールを使用した、フォーシーズンズよりコストパフォーマンスが発揮できるオーダースーツ生地です。

防シワ性と耐久性、通気性に優れた、艶やかでエレガンスを湛えた生地です。目付は270g/mで季節的には春と秋の「合物」としては最適でしょう。スリーシーズンのつもりで仕立てておくことで、一年のうち多くの機会で着用が可能です。

さいごに

イタリアの小さな町クアローナで産声を上げた生地ブランドが、世界のトップブランドに上り詰めた原動力は、徹底した上質へのこだわりでした。

選りすぐりを買い付けた原料が製品になるまで、徹底した一貫生産を貫くからこそ、他者の追随を許さないラグジュアリーの極地を表現できるのでしょう。

私たち銀座英國屋も、その卓越したエレガンスをお客様のライフスタイルに反映させられるような、オーダースーツの提案をさせていただきます。どうぞ、お気軽にお声かけください。

オーダースーツ銀座英國屋のメンズ無料オーダー体験(メンズのオーダースーツの無料相談+フィッティング体験)

オーダースーツ銀座英國屋|ふるさと納税

監修者

オーダースーツ銀座英國屋 代表取締役社長 小林英毅

小林英毅(銀座英國屋 代表取締役社長)

1981年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。 オーダースーツ銀座英國屋の3代目社長。 青山学院大学ファッションビジネス戦略論・一橋大学MBA・明治大学MBA・ネクストプレナー大学にてゲスト講師。 銀座英國屋は、創業80年。東京銀座・東京赤坂・オークラ東京・大坂梅田・大阪あべのハルカス・名古屋・京都・奈良に店舗展開。

ビジネスウェアを選ぶ際の「どなたから、信頼を得たいか?」という視点を軸に、オーダースーツについて、お役に立つ情報をお届けいたします。

社長挨拶はコチラ

オーダースーツ銀座英國屋(東京銀座・東京赤坂・大阪梅田・大阪阿倍野・名古屋・京都・奈良)|トップへ戻る


 

関連記事

最近の投稿

カテゴリー